Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!Windows 10 Pro OS/Windows 10 Home OS

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

 

 

Windows 10はMicrosoftが発表した最後のWindowsバージョンであり、次世代のWindowsがアップデートとして登場すると言われております。

Windows 10は、さまざまなユーザーとデバイスを対象として7つのリリースをリリースします。

 

Access 2016 1/2PC ダウンロード版

 

 

Access 2019 1PC ダウンロード版

 

最新の Windows 10 の更新プログラムの新機能

①お使いのデバイスでの Microsoft アカウントのパスワードレス認証

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

 

お使いのデバイスで、Microsoft アカウントを使用して Windows にサインインするときにパスワードを無くすことで、デバイスのセキュリティを一層強化します。[スタート] > [設定] > [アカウント]  > [サインイン オプション] の順に移動し、[Microsoft アカウントに Windows Hello サインインを要求する] を有効にします。

②拡大鏡でテキストを読み上げる

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

Windows 10 に付属している拡大鏡は画面を拡大する機能ですが、テキストの読み上げも行えます。この機能を使用するには、Windows ロゴ キー  + (プラス記号) を押して、[ここから読む] を選択します。次に、マウス ポインターを使用して開始する場所を選択します。

 

③テキスト カーソルを見つけやすくする

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

テキスト カーソル インジケーターによって、テキスト カーソルに色のスプラッシュが追加されます。これにより、膨大なテキストの中から簡単に見つけることができます。この設定をオンにして、サイズと色を変更するには、[スタート]  > [設定]   > [簡単操作]    > [テキスト カーソル] の順に移動します。

 

④イベントをすばやく作成する

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

タスク バーから直接カレンダーにイベントまたはリマインダーを追加できます。タスク バーで、日付と時刻を選択し、”イベントまたはリマインダーを追加します” と表示されているテキスト ボックスに詳細を入力します。

 

⑤タスク バーから通知設定にアクセスする

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

通知が表示される場所と通知を並べ替える方法を選択するには、タスク バーで [通知]  > [通知の管理] の順に選択します。

⑥洗練された新しい外観でアプリを表示する

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

アプリが目立つように、白または黒モードに切り替えます。[スタート]  > [設定]  > [個人設定]  > [色]  の順に選択します。[色を選択する] で、白モードまたは黒モードを選択します。

 

⑦キーボードから絵文字を追加する

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

場所や手段に縛られずに、自分を表現しましょう。Windows ロゴ キー  を押しながらピリオド (.) を押すと、絵文字パネルが開きます。顔文字を使用すると、文字と記号 (句読点や通貨記号など) で顔を作成し、気持ちを表現できます。

 

⑧Android スマートフォンで Microsoft エクスペリエンスを楽しむ

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

Android スマートフォンで [Google Play ストア] アプリを開き、検索ボックスに「Microsoft Launcher」 と入力して、インストールします。Microsoft Launcher をインストールすると、魅力的な日替わりの Bing 用壁紙の入手や、Office 文書とカレンダーの同期などを行うことができます。

 

⑨ポインターを見やすくする

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

⑩画面上の項目を拡大する

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

画面上の文字だけを大きくするには、[スタート]  > [設定]  > [簡単操作]  > [ディスプレイ]  を選択し、[文字を大きくする] の下のスライダーを調整します。すべてを大きくするには、[すべてを大きくする] でドロップダウン リストからオプションを選択します。

 

⑪切り取り & スケッチを使用して画像のキャプチャ、マークアップ、共有を行う

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

画面スケッチが切り取り & スケッチと呼ばれるようになりました。切り取り & スケッチを開いて画面の一部を切り取るか、または前の画像をマークアップして共有します。 タスク バーの検索ボックスに「切り取り & スケッチ」と入力し、結果の一覧から[切り取り & スケッチ] を選択してアプリを開きます。

簡単に切り取るには、Windows ロゴキー +Shift+S を押します。 画面が暗くなり、カーソルが十字形で表示されます。コピーする領域の端にある点を選び、カーソルを左クリックします。 キャプチャする領域を強調するには、カーソルを移動します。キャプチャした領域が画面に表示されます。

切り取った画像は、クリップボードに保存され、メールやドキュメントに貼り付けることができます。この画像を編集する場合は、切り取った後に表示される通知を選択します。切り取り & スケッチでは、ペン、蛍光ペン、消しゴムを使用でき、すべてに線幅を指定できます。画像は、保存、コピー、共有できます。

⑫都合の良い時間まで更新プログラムを一時停止する

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

デバイスの更新を一時的に延期するには、[スタート]  > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows Update]  を選択し、[更新の一時停止] を選択します。一時停止の最大日数に達した場合、もう一度一時停止するには、最新の更新プログラムを入手する必要があります。

⑬Microsoft による支援で PC を正常に保つ

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

デバイスの問題を検出して解決する、推奨されたトラブルシューティングの提案によりデバイスをスムーズに実行し続けます。おすすめのトラブルシューティング ツールを表示するには、[スタート]  [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [トラブルシューティング]  を選択します。

 

Windows10の種類(エディションの違い・比較)

目次

  1. Windows10の種類
    1. エディション
      1. 4つのエディションの比較
    2. 販売形態

 

  1. Windows10のエディション
    1. 利用用途によって選択するエディションが異なる
      1. 大企業・教育機関でWindows10を使用する
      2. 個人・中小企業でWindows10を使用する
    2. HomeとProの違い

Windows10の種類

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

エディション

まずは押さえておきたいのが、Windows10のエディションです。

このエディションによって機能が異なります。機能が違うということは、もちろん価格も違います。

  1. Home
  2. Pro
  3. Enterprise
  4. Education

4つのエディションの比較

Windows 10機能と種類の一番詳しい紹介!-1

販売形態

Windows10の「Home」「Pro」は普通のお店やインターネットから購入することができます。

そのときに、2つのエディション「Windows10 Home」「Windows10 Pro」には、販売形態が3つあります。ここがややこしいですよね。

  1. パッケージ版
  2. DSP版
  3. OEM版

まとめると、Windows10はエディションが4つあり、販売形態が3つあるということです。

 

Windows10のエディション

利用用途によって選択するエディションが異なる

Windows10の4つのエディション(Home・Pro・Enterprise・Education)がありました。そもそも、どれを選択したらいいのでしょうか?

実は、利用する用途(環境)によって、選択するエディションが大体決まってきます。

例えば、「個人」なのか「企業」なのか「教育機関」なのかによってエディションを絞ることができます。

  • 個人で使用する・・・Home / Pro
  • 中小企業で使用する・・・Pro / Enterprise
  • 大企業で使用する・・・Enterprise
  • 教育機関で使用する・・・Education

大企業・教育機関でWindows10を使用する

例えば、大企業でWindows10を利用する場合は、選択肢は「Enterprise」しかありません。

同様に、教育機関も選択肢は「Education」しかありません。

他のエディションも利用できないことはないですが、かなり管理が大変で現実的ではありません。

個人・中小企業でWindows10を使用する

「どのエディションにすればいいのかわからない・・・」

という状況になるのが、「個人」もしくは「中小企業」です。

個人の場合、「Home」か「Pro」から選択します。中小企業の場合、「Pro」か「Enterprise」を選択します。

 

HomeとProの違い

まずは、Windows10 の「Home」と「Pro」の違いについてです。「Home」にはなくて「Pro」にある大きな特徴としては、

    1. ドメイン管理できる
    2. リモートデスクトップが使える
    3. BitLockerで暗号化できる
    4. Hyper-Vで仮想マシンが使える

という点です。

これら4つの機能が必要であれば「Pro」を選択し、必要なければ「Home」を選択します。

HomeとProの違いについての詳細はこちらを参照してください。

 

Windows10の販売形態

Windows10の「Home」「Pro」は普通のお店やインターネットから購入することができます。

そのときに、2つのエディション「Windows10 Home」「Windows10 Pro」には、販売形態が3つあります。ここがややこしいですよね。

  1. パッケージ版
  2. DSP版
  3. OEM版

パッケージ版

「パッケージ版」はお店やインターネットで買うことができます。購入するとWindows10のUSBメモリとプロダクトキーがもらえます。

どのパソコンにインストールして使ってもいいのがパッケージ版の最大の特徴です。

Windows10の中でパッケージ版はDSP版・OEM版より値段は高いですが、パソコンが限定されず自由に使えるのがメリットです。DSP版・OEM版は制約があります。

Access 2016 1/2PC ダウンロード版

【即決!迅速発送】Microsoft Windows 10 os Pro (1 台の PC で利用可能)永続ライセンス激安価格販売

  • マイクロソフト
  • 価格¥3,150
  • 発売日2019/09/13
  • 商品ランキング7位

DSP版

「DSP版」はパソコンのパーツとセットで買うと少し安く買うことができる販売形態です。

Windows10 DSP版をOS単体で購入する事はできません。

パッケージ版より1,700円(Home)ほど安いのが魅力的です。安いですが、使用条件は限定されます。

例えば、ハードディスクとWindows10 DSP版を同時購入し、その後、そのハードディスクが壊れてしまった場合。

新たにハードディスクを購入し、Windows10 DSP版をインストールしたくても、このDSP版は使えません。

パーツとセットになったライセンスなので、DSP版と同時に購入したパーツが組み込まれていないパソコンでは使えないのです。

もちろんパソコンを新たに購入した場合、新しいパソコンを自作した場合でもDSP版は使えないので注意してください。(DSP版と同時に購入したパーツを流用すれば使えます)

DSP版は使用制限のあるライセンスなので、それを許容できれば値段が安いのでお得です。

 

OEM版

OEM版(Original Equipment Manufacturer)はパソコンに最初からインストールされているライセンスです。

メーカー製パソコンを購入すると最初からWindows10がインストールされて、使える状態になっています。これがOEM版です。

OEM版はパソコンの価格に含まれているので、別途お金を払う必要はありません。

OEM版の正確な価格は不明です。マイクロソフトとパソコンメーカーとの取り決めで決まっているのだと思われます。

Windows10 OEM版の価格はパッケージ版・DSP版と比べてもっとも安いとされています。

それは購入したメーカー製パソコンでしか使えない限定されたWindowsだからというのと、パソコンメーカーが大量にWindowsを買ってくれるので割引されているのだと推測します。

初心者はOEM版でいいのですが、そうでない人はちょっと使いづらいかもしれません。

 

Windows 10のどのエディションが最適かはWindows 10を使用するデバイスやシーンの違いやビジネス機能が必要なのかなど、個々人の利用理由や状況によるため一概には言えませんが、Windows 10 Pro版の機能は圧倒的なメリットがあるのは事実です。

以上、Windows10の種類(エディションの違い・比較)についてでした。

 

Windows 10 proの購入アドレスとダウンロードインストール方法

Access 2016 1/2PC ダウンロード版

 

Access 2019 1PC ダウンロード版

 

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

コメントを残す