Office2019とOffice365の違いを完全に説明! 何に注意すべきか?

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Office2019とOffice365の違いを紹介します。

 

Office 2019のリリース後、多くの人はOffice 2019へのアップグレードやOffice 365のサブスクリプションに迷っています。

 

ここにはいくつかの注意事項があります。

Office2019とOffice365の違いを完全に説明! 何に注意すべきか?-1

Office2019とは何ですか?

Office2019は、過去3年間でOffice2016の最新バージョンになり、9月24日に正式にリリースされました(企業向け)!

 

Office 2019はWindowsバージョンのWindows 10のみをサポートし、Windows 7およびWindows 8はサポートしません。 Macは最新の3つのバージョンです。

 

Office 2019のサポート期間は、固定ライフサイクル戦略の例外と見なされます。5年間のメインストリームサポートに続いて、わずか2年間の延長サポートが行われます。

 

Office 2019は、従来のMSIインストーラーを提供しません。Office 365で一般的に使われているClick-to-Run形式のインストーラーのみとなります。

 

Office2019とOffice365の違い

 

以下は、Office2019とOffice365 Soloの違いをまとめたものです。

 

一度限りおよび毎月の支払い

Office2019は永続ライセンスであり、一度購入すれば永続に使用できます。 Office365 Soloは、月単位または年単位で契約できるサブスクリプションです。 契約期間の料金を支払えばいい。

 

Office 2019は2台にインストールでき、Office 365は無制限にインストールできます。 Office2019とOffice365の間のインストール台数も異なります。 Office 2019は最大2台のPCにインストールできますが、Office 365 Soloは無制限にインストールできます。

 

以前は、Office 365 Soloは2台のPCにしかインストールできませんでしたが、Office 365個人プランは「無制限のインストール、最大5つの同時インストール」として統合されます ログインに使用できるデバイス。 」

 

Officeアプリの違い

Office 2019は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher、Project、Visioの8種類のOfficeアプリを提供します。 「Publisher」、「Project」、「Visio」はWindowsにのみ含まれています。

 

Office 2019では、「OneNote 2019」は提供されないため、Windows環境では、Windows 10(Store App)バージョンのOneNoteまたは古いバージョンの「OneNote 2016」を使用する必要があります。

 

Office 365 Soloは、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher、OneNoteを含むすべてのOfficeアプリにアクセスできます。

 

常に最新の機能と同じ

Office 2019で使用される機能は修正されており、新しい機能は追加されていません。 一方、Office365は常に最新の機能を追加し、契約期間のユーザーはこれらの新機能を無料で使用できます。

 

価格による違い

価格

Office 365 Solo

Office Professional 2019予想価格

Office Home & Business 2019予想価格

Office Personal 2019予想価格

1年

12,744円

67,491円

39,276円

33,633円

2年

25,488円

67,491円

39,276円

33,633円

3年

38,232円

67,491円

39,276円

33,633円

4年

50,976円

67,491円

39,276円

33,633円

5年

63,720円

67,491円

39,276円

33,633円

 

Office2019とOffice365の違いから何に注意すべきか?

Office 2019は、Microsoft Officeの最新バージョンであり、Office 2016のさまざまな機能強化が自然に行われています。 ただし、それらの機能はOffice 365に実装されていることに注意してください。

 

前述したように、永続にライセンスされるOffice 2019とは異なり、Office 365には常に機能を追加できるという利点があります。 その結果、Office 2019に実装されているほとんどの新機能は、Office 365に既に実装されています。

 

ただし、上記の価格表からわかるように、Office 365 Soloの3年目の契約料金は、Office Personal 2019の価格よりも高くなります。 Office 365 Soloを3年間契約する料金で、永続ライセンス型のOffice Personal 2019を購入して永遠に使えます。 価格の面では、Office 2019はOffice 365よりもお得に感じます。

 

常に最新機能を使いたいなら、Office 365、 価格面を重視し、Office 2019の機能で十分だと思うなら、Office 2019に移行した方がいいでしょう。

 

 

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

コメントを残す