MicrosoftがWindowsおよびMac向けのMS Office 2019をリリースしました

2018年9月24日に、MicrosoftはWindowsおよびMac用のOffice 2019をリリースしました。 このアップグレードは、毎月の機能更新のMicrosoft Office 365サービスを選択していない企業や個人向けに開発されました。

Office 2019とは

Office 2019は、スタンドアロンの永続ライセンス版です。 Microsoft Office 2019の商用バージョンは、実際には過去3年間にOffice 365で提供されていた機能のセットです。 Office 2019を一度に購入し、必要に応じて単一のWindows PCまたはMacで使用します。

このアップグレードには、WindowsおよびmacOS用のWord、Excel、PowerPoint、およびOutlookのクラシックバージョンが含まれます。 Windowsバージョンには、Publisher 2019、Access 2019、Project 2019、およびVisio2019も含まれます。

f9eb25ae2b39e2bb6039101b1979665a

e70ecea8a4536dfc15126e444ec8a536

新機能

マイクロソフトは、ペンシルケースからPowerPointへのローミングを含む、アプリケーション全体のインク機能の改善に焦点を当てています。

ユーザーは、ペンを使用してオブジェクトを移動したり、スライドに直接書き込むことができます。

このバージョンでは、click to runのインストール形式、毎月のセキュリティ更新プログラム、およびネットワーク消費量の削減が提供されます。

WindowsおよびMac向けのOffice 2019機能の完全なリストは次のとおりです。

 

Windows向けOffice 2019の機能

 

Word

Office 2019 Wordには、新しい黒のテーマ、テキスト読み上げ機能、学習ツール、およびさまざまなアクセシビリティ機能や使いやすさのアップグレードを含む改善されたインク機能があります。

 

Excel

企業は、2Dマップ、ファンネルチャート、タイムライン、コネクタ、PowerPivot、PowerQueryの改善などの新しいExcel機能を活用できます。 ExcelデータをPowerBIに変換して、データを視覚化し、組織からの洞察を共有します。

PowerPoint

Microsoft Office 2019には、ズーム機能、モーフトランジション、強化されたローミングペンシルボックス、アイコンの挿入と管理、SVGおよび3Dモデルが含まれています。

 

Outlook

更新された連絡先カード、Office 365グループ、@メンション、受信トレイ機能を使用して効率な仕事ができます。

 

5c6a7361bf01249a68765a52d852851c

e70ecea8a4536dfc15126e444ec8a536

 

Mac向けOffice 2019の機能

Word

Word 2019には、フォーカスモード、トランスレーター、強化されたインク機能、カスタマイズされたオリボンなどの多くの機能があり、作業を簡素化できます。

Excel

ファンネルチャート、2Dマップ、タイムライン、新しいExcel機能を使用して、ビジネスデータを体系的に表現します。

PowerPoint

モーフの移行、ローミングペンシルケースの強化、4Kビデオのエクスポート、インクリックシーケンスの再生などのPowerPoint 2019の機能は、強力な内容の作成に役立ちます。

Outlook

Office 2019では、集中的な受信トレイ、@メンション、メールテンプレート、開封確認、配信確認、後で送信、メール機能のスケジュール設定により、メール管理が簡単になります。 1回限りの購入による標準および品質のアップグレード(機能の更新を除く)を入手できます。

 

562cf93626a804567c1138b52e5b9320

 

 

コメントを残す