Office 2019 に追加した機能

Office 2019に 新しい墨痕工具、データの種類、 関数、翻訳と編集工具と動的図形と使いやすい機能等は発見できます。 現在使用可能の機能を見る

視覚の効果を追加する

フィルタにある拡大縮小可能の ベクトル図形(SVG)を挿入し運用します。 文書、シートやプレゼンテーション に視覚の趣味を増やします。

 

言語の障害を破る

Microsoft Translatorを使って、 単語、短語と他に選んだ文字も他の言語に翻訳します。

 

LaTeX 公式が支持する

あなたの必要に応じて 現在は LaTeX 文法を使って数学の公式を作れます。

 

スムージング機能で動作を追加します。

スムージング機能でスライドで 滑らかな動画、切り替えるや対象の移動も制作できます。

 

“拡大縮小で位置を確認し、探したい内容を見つかれます。

拡大縮小で位置を確認して、好きな順番で一つのスライドから他のもう一つのスライドに自由に移動できます。 プロゼンテーションを中断しない状況で、前に戻る或は再びスライドを訪問します。

 

数字ペンを使用してスライドを運行し放映します*

Surface というタッチペン或は他の何かブルートゥスボタンがあるタッチペンでスライドをコントロールします。

 

関数追加

TEXTJOIN、CONCAT、IFS 等。 Excelの実行や操作をやらせて、あなたのために尽力します。

 

墨痕にある位置は目標である

墨痕を形状や複雑な数学問題を 明示することと テキストを強調表示する等に切り替える。 指或は数字ペンを使用する。 マウスも使用できます!

 

新しいチャートでデータを視覚化する

11個の新しいチャート(折れ線図、丸棒グラフ、棒グラフが含めて) の中に選びます。 フィールドとグラフ次元を合わせて即時にプレビューして変更します。

 

 

大数字 (bigint) データの種類

大数データの種類に非貨幣の数値が保存しています。そして、 ODBC のSQL_BIGINT データと互換できます。 このデータの種類は大数を効果的に計算できます。

 

タスクを簡単にリンク

リンクするタスクのIDを 覚える必要はありません。 ただし、前のタスク或は後続のタスクの中に一つ単元格を選ぶだけ、項目の中に全部のタスクのリストをチェックすればいいです。

 

タスクの進展はわかりやすいです。

タスクの名称と日付表示の時間線によって、すぐ項目の企画と進行している仕事も伝送できます。

 

快速的にグラフを使用します。

組織結構図、 霊感 トリガ図とSDLテンプレートは新しい入門チャートを持っています。グラフの使用はより便利で迅速です。

 

創意を生き生きと表示します。

新しいウェブサイトのテンプレートは、実際の設計過程が始まる前にアイデアを出すために、低保真度のスケッチを作成するのに適しています。

 

補助機能問題の 適用するワンタッチ 補修プログラム

補助機能検査器は国際標準の更新サポートとドキュメントのアクセス性を高めるための有用な提案を含んでいます。性能はより良いです。

意義がある音は補助機能を強化できます。

音声メッセージを開いて、仕事中に指導を提供します。 音声メッセージは音声効果に属する。選択>”簡単に訪問”の中に見つかれます。

Windows10:0x0000098エラーの対処法

「PC離れ」で発生したBCDエラー

ある日、譲ったSurface Goを手に家人が話しかけてきた。「PCが起動しなくなったの」と。

家人が務める企業はコンプライアンスの関係から、社外でPCを使った事務作業ができなくなり、家庭でのPC稼働率は著しく低い。それでも寝ながらMicrosoft Edgeでニュースを見ているシーンを見かけるので、「たまには使っているのだろう」と思っていた。

ディスプレイを見ると0x0000098エラーが発生しており、BCD(ブート構成データ)が破損しているようである。Windows回復環境(Windows RE環境)も起動できないため、回復ドライブからWindows RE環境を起動し、スタートアップ修復を試みるも結果はNG。

続いてコマンドプロンプトから「bootrec /fixmbr」「bootrec /fixboot」「bootrec /rebuildbcd」でBCDの再構築を行うとアクセス拒否が発生する。そこで以下の操作を行った。

diskpart
list disk
sel disk 0(起動ドライブを選択)
list vol
sel vol 2(FAT32の「システム」)
assign letter=X:
exit

format X: /FS:FAT32
bcdboot c:¥windows /s V: /f UEFI
まずはdiskpartコマンドでシステムボリュームにドライブ文字を割り当て、bcdbootコマンドでWindowsフォルダーからシステムボリュームへ、ブート環境ファイルをUEFI形式でコピーしている。

その後、PCをシャットダウンし、回復ドライブを取り外してから起動すると、Windows Updateの続きが始まった。どうやら、使用中に自動更新が始まり、そのままPCを閉じて放置していたようである。

無事起動したWindows 10。そのまま更新プログラムの適用を続行している

無事起動したWindows 10のデスクトップを見ると、元々入っていたWindows Insider Programに参加したままで、ビルドは18342。Windows 10 バージョン1903未満である。つまり、冒頭で述べた「たまに~」は筆者の勘違いだったようだ。

デスクトップが現れたのでWindows Updateを実行したところ、バージョン2004のスローリング適用が始まった。未更新のUWPアプリもかなり溜まっている

ひとまず家人にはPCではなく、iPad miniなどタブレットをすすめようと思った筆者である。

最後に先の手順でエントリーが加わったブート情報を削除して作業完了となる。