PowerPointの最新機能とは? Office 2019 PowerPoint

Adobe Acrobat Pro 2020 価格 Adobe Acrobat Pro 2020 Windows/Mac 製品の購入-1
Adobe Acrobat Pro 2020 価格 Adobe Acrobat Pro 2020 Windows/Mac 製品の購入-2
Adobe Acrobat Pro 2020 価格 Adobe Acrobat Pro 2020 Windows/Mac 製品の購入-3
Adobe Acrobat Pro 2020 価格 Adobe Acrobat Pro 2020 Windows/Mac 製品の購入-4
最近、PowerPointの出番が増えていないだろうか? プレゼンでの利用に加えて、「企画書を作成する際にも、WordよりPowerPointが使いやすい」という声もよく耳にする。確かに、行と列の関係がシビアな文章作成マシーンのWordより、フリーレイアウトのPowerPointのほうが利便性が高い。よく使うPowerPointだからこそ、最新機能を手の内に入れて使いこなそう。

 

Project 2019 ダウンロード版

 

ズーム機能で内容を予告

今回は、Office 365のPowerPointで最新機能を紹介していく。PowerPoint 2019でもほとんどの機能が使えるはずだ。

最初に強くおすすめしたいのが、「ズーム」だ。この機能は、プレゼンのときにのみ役に立つ。簡単に言ってしまうと、スライドの中にスライドを貼り付けるような機能だ。ズームはリボンの「挿入」コマンドから実行できる。種類は三つあるが、最初は「スライドズーム」を利用してみると良いだろう。

まず、ズームはスライドがある程度、出来上がったら利用する。ほかのスライドを呼び出す機能なので、目的のスライドができていないと意味がないからだ。また、スライドの順番などを入れ替えるとややこしくなるので、ほぼ完成してから利用するのがおすすめだ。

ズームするスライドを貼り付けるための新しいスライドを用意したら、スライドズームコマンドを実行する。すると、スライドを選択するダイアログが開くので、呼び出したいスライドをクリックして選ぶ。すると、画面にスライドが配置されるので、自由な位置に動かせば良い。必要ならサイズも変更できる。

スライドの作成画面では、単に他のスライドが並ぶだけだ。ところが、スライドショーを実行すると、各スライドを一覧の画面からクリックすることで、それぞれを呼び出せる。また、一覧の画面に戻すには、「Backspace」キーを押せば良い。つまり、見出し的にスライドを並べて、そこから各スライドを呼び出して説明ができるわけだ。

これから説明する内容の予告のために使っても良いし、スライドの全体像を見せながら、順次説明してもいい。普通のプレゼンでは、スライドを1枚1枚めくっていくことになる。それが一般的なのだが、この方法だと先にある内容が分かりづらい。「この先に素敵な内容があります」ということを伝えたいなら、ズーム機能が役立つ。逆に、最後のスライドに貼り付けて振り返りに使う手もある。
ピクトグラムを使いこなす

最近のPowerPointでは、おなじみのクリップアートが使えなくなっている。代わりに登場したのが、「アイコン」で、「挿入」-「図」から利用できる。要するにピクトグラムだ。さまざまな情報を示すための簡易的な図解で、ちょっと凝ったマークのようなもの。登場当初は数が少なく、あまり使えなかったのだが、最近は種類が増えてきた。

とはいえ、モノクロのピクトグラム(アイコン)だけを延々と使っていくと、さすがにインパクトが弱い。そこでおすすめなのが、新しく搭載されたアイコンを図に変換する機能だ。貼り付けたアイコンをクリックで選択すると、リボンに「グラフィックス形式」というタブが表示される。そこで、「図形に変換」をクリックすれば良い。

一つのイメージだったアイコンが図形に変換され、パーツごとに加工できるようになる。位置をずらしたり、一部のサイズを大きくすることも可能だ。また、部分的に色を変えることもできる。ちょっと手を加えて色を変えるだけで、元のアイコンとは違う図に見えてくるからおもしろい。複数のアイコンを組み合わせ、さらに色を変えれば、もはやオリジナルの図形と言っても過言ではないだろう。

なお、このアイコン機能は、WordやExcelでも利用できる。同じように使いこなして欲しい。インターネット上でイラストや図を探しても、複数利用し始めるとタッチをそろえるのが難しくなる。まずは、アイコンを使って図を作っていくのがベスト。結果として時間もかからないはずだ。

PowerPointの最新機能とは?-1

スライドが完成したら、ズームで貼り付けるための新しいスライドを挿入してみよう。

PowerPointの最新機能とは?-1

「挿入」-「ズーム」-「スライドズーム」をクリックする。

PowerPointの最新機能とは?-1

貼り付けるスライドを選択する。

PowerPointの最新機能とは?-1

スライドが表示された。

PowerPointの最新機能とは?-1

それぞれ自由に位置とサイズを決めて貼り付けられる。スライドショーでこのスライド内のスライドをクリックすると、それぞれのスライドを呼び出せる仕組みだ。

ピクトグラムを使いこなす

最近のPowerPointでは、おなじみのクリップアートが使えなくなっている。代わりに登場したのが、「アイコン」で、「挿入」-「図」から利用できる。要するにピクトグラムだ。さまざまな情報を示すための簡易的な図解で、ちょっと凝ったマークのようなもの。登場当初は数が少なく、あまり使えなかったのだが、最近は種類が増えてきた。

とはいえ、モノクロのピクトグラム(アイコン)だけを延々と使っていくと、さすがにインパクトが弱い。そこでおすすめなのが、新しく搭載されたアイコンを図に変換する機能だ。貼り付けたアイコンをクリックで選択すると、リボンに「グラフィックス形式」というタブが表示される。そこで、「図形に変換」をクリックすれば良い。

一つのイメージだったアイコンが図形に変換され、パーツごとに加工できるようになる。位置をずらしたり、一部のサイズを大きくすることも可能だ。また、部分的に色を変えることもできる。ちょっと手を加えて色を変えるだけで、元のアイコンとは違う図に見えてくるからおもしろい。複数のアイコンを組み合わせ、さらに色を変えれば、もはやオリジナルの図形と言っても過言ではないだろう。

なお、このアイコン機能は、WordやExcelでも利用できる。同じように使いこなして欲しい。インターネット上でイラストや図を探しても、複数利用し始めるとタッチをそろえるのが難しくなる。まずは、アイコンを使って図を作っていくのがベスト。結果として時間もかからないはずだ。

PowerPointの最新機能とは?-1

クリップアートの代わりに「挿入」-「アイコン」を利用しよう。大量の図から好みのものを選んで使える。

PowerPointの最新機能とは?-1

こんな形でアイコンが貼り付けられる。

PowerPointの最新機能とは?-1

アイコンをクリックするとリボンに表示される「グラフィックス形式」-「図形に変換」を利用しよう。

PowerPointの最新機能とは?-1

アイコンが図に変わって、各パーツの色などを変更できるようになる。

PowerPointの最新機能とは?-1

完成した図。

 

背景を削除して切り抜く

写真の背景を切り抜く機能は、ずいぶん以前のバージョンから採用されていた。そもそも、写真を切り抜くのはとても効果がある。カタログや広告の写真を見ても、切り抜きは非常に多く使われている。商品の紹介などは、基本的に切り抜きを使うと思ってもいい。

切り抜いた写真は背景がないので、目線を対象物に集められる。また、撮影時に背景を気にしなくていいのも嬉しいポイントだ。

さて、写真を切り抜く作業は、PowerPoint上で行える。写真を貼り付けたら、クリックして選択し、「図の形式」で「背景の削除」を利用する。この機能は、だいぶ以前のバージョンから利用できたのだが、最近使いやすくアップデートされている。紫色の部分が削除されるので分かりやすい。機能を利用した段階で自動的に背景が選択されているが、微調整するのがコツだ。

基本的に切り抜きで削除したい部分を「削除する領域としてマーク」をクリックしてなぞっていく。削除されすぎた部分は「保持する領域としてマーク」をクリックしたあとになぞると残る仕組みだ。画面を拡大しながら細かく作業すれば、どんどんきれいになるのだが、そこは時間との相談だ。

切り抜きは、多くの時間をかければ美しく仕上がるが、スライドとして投映するなら、輪郭など適当でもほとんど分からない。5~6分で完了できる程度の作業で十分だろう。なお、背景がごちゃごちゃしている場合には、あらかじめ写真をトリミングした方が手っ取り早く切り抜けるはずだ。もちろん、マウスでも利用可能だが、ペンが使えればそちらの方が作業性はいい。

写真を切り抜くと、文字を入れるスペースもしっかりと確保でき、読みやすくなる。スライドのレイアウトとしてはこちらの方が楽に使えるはずだ。

Microsoft Officeは、普通に使う機能で満足していたら、5年前のバージョンでもストレスなく使える。ところが、最新の機能を調べてみると、書類作成の完成度を向上させたり、より楽に作成させられたりする機能が満載されているのだ。

 

PowerPointの最新機能とは?-1

背景を切り抜いた写真を使って凝ったスライドを作成しよう。写真をクリックして選択し、「図の形式」-「背景の削除」をクリックする。

 

PowerPointの最新機能とは?-1

自動で背景が選択されるが、さらに調整していく。

 

PowerPointの最新機能とは?-1

不要な部分を削除し、必要な部分を残すようになぞっていく。

 

PowerPointの最新機能とは?-1

切り抜いた写真は文字との相性もバッチリだ。

 

 

Project 2019 ダウンロード版

 

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Visio 2019 の新機能を紹介する

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Visio 2016 から Visio 2019 にアップグレードするユーザーは、使い慣れたすべての機能を引き続き利用できます。また、新しい機能もいくつか追加されています。

図面を簡単に作成

組織図、ブレーンストーミング、SDL テンプレートに、図面を簡単に作成できる新しいスターター図面が追加されました。

Visio 2019 の新機能を紹介する-1

組み込みのデータベース モデル図

新しいデータベース モデル図テンプレートは、データベースを Visio 図面として正確にモデル化します。 アドインは必要ありません。

Visio 2019 の新機能を紹介する-1

Web サイト用のワイヤーフレーム図を作成する

Visio ワイヤーフレームを使用してアイデアを生み出しましょう。 ワイヤーフレームとは、インターフェイスの詳細な視覚モデルのことで、機能とコンテンツの設計図のようなものです。 これらの新しい Web サイト テンプレートは、忠実度の低い設計スケッチを作成して、アイデアの提示、チームの合意、忠実度の高いワイヤーフレームの基礎の形成を行う場合に最適です。

Visio 2019 の新機能を紹介する-1

新しい UML ツール

新しい UML コンポーネント図

 コンポーネント図を作成してコンポーネント、ポート、インターフェイス、およびこれらの関係を表すことができます。

新しい UML コミュニケーション図

コミュニケーション図を作成して生存線間の相互作用を表すことができます。この相互作用はシーケンス番号付きの一連のメッセージを使って行われます。図の要素を自由形式で配置できます。

新しい UML 配置図

配置図を作成してソフトウェア アーティファクトのノードへの配置のアーキテクチャを表すことができます。

AutoCAD のサポートの強化

AutoCAD のサポートの強化

これまで、Visio では AutoCAD 2007 以降のバージョンで作成された .dwg ファイルおよび .dxf ファイルをサポートしていました。 この更新プログラムを使用すると、AutoCAD バージョン2017またはそれ以前のバージョンのファイルをインポートしたり、開いたりすることができます。

AutoCAD サイズ調整機能の強化

今回の更新により、AutoCAD ファイルをインポートする際のサイズ調整機能が強化されました。 最初にいくつかのプロパティが設定されていることを確認すればよいだけです。 AutoCAD では、アクティブ タブが、モデル タブではなくレイアウト タブになっていることを確認します。 また、Visio の図面縮尺が AutoCAD ビューポート縮尺と同じ値に設定されていることを確認します。

AutoCAD ファイルのインポート時間の短縮

今回の更新により、AutoCAD インポート速度が大幅に速くなりました。

瞬時に図形を重ねて表示

CAD ファイル上で図形を操作する際に、遅延が生じていました。 今回の更新により、遅延がなくなりました。

製品のフィードバックを提供する

Microsoft Office に関するご意見、ご提案はございませんか。 製品改善のためにお客様のフィードバックを必要としています。 Visio では、[ファイル>フィードバック] をクリックして、新しい機能を提案したり、機能しないことを知らせたりすることができます。

Visio 2019 の新機能を紹介する-1

Visio 2019の購入アドレスとダウンロードインストール方法

Yahooショッピングで購入すると、価格はずっと安くなります。
Project 2019 ダウンロード版
Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Office2019を最安値で購入する方法!公式Webサイト、AmazonおよびYahooショッピングの価格を比較

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

-1

公式ウェブサイトでOffice2019を購入するのは非常に高価です!

最も安いOffice Personal 2019は30,000円以上であり、使用できるOfficeアプリケーションはWord、Excel、Outlookに限定されています。

実際、本物のOffice 2019製品を最安値で購入できます!

 

Office2019の価格:公式Webサイト、AmazonおよびYahooショッピングの価格を比較

公式サイト、Amazon、YahooショッピングでOffice2019を購入する方法がいろいろありますので、

その価格の違いを見てみましょう。

まずは公式サイトでの価格です。

 

Office2019を最安値で購入する方法!公式Webサイト、AmazonおよびYahooショッピングの価格を比較-1

 

Office2019を最安値で購入する方法!公式Webサイト、AmazonおよびYahooショッピングの価格を比較-1

 

Office2019を最安値で購入する方法!公式Webサイト、AmazonおよびYahooショッピングの価格を比較-1

 

上の写真から、Amazonでは Office Personal 2019は、公式サイトより3,232円安いです。

Office Home&Business 2019は、公式サイトより3,432円安くなっています。

Office Professional 2019は、公式サイトより5881円安いです。

Amazonは公式サイトより安価ですが、それでも非常に高価です!

まだ受け入れられないかも。

 

そこで、もうひとつの購入方法を見てみましょう!

 

Officeプロダクトキーのみを購入する方法

実際、プロダクトキーさえあればOfficeを使用できます。

したがって、Office 2019のプロダクトキーのみを購入するだけで十分です。

購入後、メールでプロダクト キーを受け取り、Office 2019をダウンロードし、インストールしてアクティベートすればよいです。

Amazonで購入できますが、Yahooショッピングをお勧めします。 なんで? YahooショッピングでのOffice 2019の価格を見てみましょう。

 

Access 2019 1PC ダウンロード版

 

Access 2016 1/2PC ダウンロード版

 

Project 2019 ダウンロード版

 

office 2019 ダウンロード版

 

Office Professional 2019は、公式サイトより50784円安いです。

 

上記は、Yahooショッピングで好評されたお店の価格です。

Yahooショッピングは公式ウェブサイトやAmazonよりも安く、本物であることを保証することもできます。

つまり同じ製品、購入する方法 最安値です。

ちなみに「正規品ですか?」、「本当に使えるのかな?」と心配する方がいるかもしれない。

筆者が購入して無事にライセンス認証できましたから、安心してください。

早速この店で購入してください!

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Office 2019 Home&Business For Macをライセンス認証する手順

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

手順 1: www.office.com/setup にアクセスします
手順 2: Microsoft アカウントでサインインするか、お持ちでない場合は作成してください。将来、プロダクト キーを使わずに Office をインストールまたは再インストールできるように、このアカウントを必ず覚えておいてください。
手順 3: Office のプロダクト キーを入力します。ハイフンは不要です。
手順 4: 指示に従って使用プロセスを完了します。

Office 2019 for Macをライセンス認証すると、OfficeをMicrosoftアカウントに関連付けることができます。 Office Macの購入後にExcelとWordを使用するには、Microsoftアカウントでサインインしてライセンス認証します。

この記事では、Office Macアプリをライセンス認証する方法について説明します。

 

Project 2019 ダウンロード版

 

Step 1

上部のメニューバーから、[Finder]、[アプリケーション]の順に選択し、[Microsoft Officeアプリケーション]まで下にスクロールします。

Office 2019 Home&Business For Macをライセンス認証する手順-1

 

Step 2

[サインインして Office のライセンス認証を行う] 画面で、[サインイン] を選びます。

Office 2019 Home&Business For Macをライセンス認証する手順-1

 

Step 3

Mac版Officeに関連付けられているメールアドレスとパスワードを入力し、[次へ]をクリックします。

Office 2019 Home&Business For Macをライセンス認証する手順-1

 

Step 4

有効なライセンスがあるかどうかを確認し、製品のライセンス認証が行われます。

Office 2019 Home&Business For Macをライセンス認証する手順-1

 

Step 5

れで完了です。

最後に、画面上部のメニューバーで[Excelバージョン情報]をクリックして認証を確認できます。

Office 2019 Home&Business For Macをライセンス認証する手順-1

 

Office Home and Business 2019 プロダクトキーの購入アドレスとダウンロードインストール方法

Yahooショッピングで購入すると、価格はずっと安くなります。

Project 2019 ダウンロード版

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Office 2010/2013/2016/2019のサポート期限はいつ終了?

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Office 2010は2020年10月に延長サポート終了

ビジネスにおいて毎日使うMicrosoft Office。最近では定額制(サブスクリプション)で使う「Microsoft 365」(旧称:Office 365)の利用が増えてきましたが、一方で買い切り版のOfficeも、数多くの職場で使われていることと思います。

この買い切り版のOfficeには、サポート期限が設定されていることをご存じですか?

そして直近では、Excel 2010をはじめとする「Office 2010」が2020年10月13日をもってサポート終了となります。

Office 2010は2020年10月13日にサポートが終了します。

普段は意識していないと思いますが、Office製品ではプログラムの不具合の修正、セキュリティの脆弱性への対応、そして新機能の追加などがサポートとして提供されています。Microsoftでは、これを「メインストリームサポート」と呼んでいます。

メインストリームサポートは発売から5年を目安に設定されており、その後は「延長サポート」に切り替わります。Office製品へのウイルス感染を避けるため、セキュリティに関する更新プログラムが2~5年間提供されます。

Office製品の各バージョンにおけるメインストリームサポートと延長サポートを表すと、下図のようになります。

 

Office 2010/2013/2016/2019のサポート期限はいつ終了?-1

Office 2010/2013のメインストリームサポートはすでに終了し、延長サポート中です。そして、Office 2010については、延長サポートが今年10月で終了し、セキュリティに関して危険な状態になってしまいます。

延長サポートの終了後もOffice 2010は動作しますが、使い続けるのは避けるべきです。脆弱性が修正されていないパソコンを狙うマルウェアなども多くあります。ウイルスに感染して関係者に迷惑を掛けてしまう可能性も考慮してください。

 

Officeのバージョンを確認する

お使いのOffice製品のバージョンがわからない場合は、以下の操作で確認しておきましょう。Excel 2010の画面を例にしますが、WordやPowerPointで確認しても構いません。

 

Office 2010/2013/2016/2019のサポート期限はいつ終了?-1

[ファイル]→[ヘルプ]の順にクリックして確認します。

[ファイル]タブをクリック後の画面で[ヘルプ]の項目が見当たらない場合、Office 2010ではないと思われます。以下はExcel 2019の画面です。[ヘルプ]ではなく[アカウント]をクリックするとバージョンを確認できます。

 

Office 2010/2013/2016/2019のサポート期限はいつ終了?-1

 

Excel 2019の画面です。[ファイル]→[アカウント]の順にクリックして確認します。

Microsoft 365の契約を確認する

Microsoft 365(旧称:Office 365)は、サブスクリプション契約中であればサポートされます。契約中のMicrosoftアカウントでログインして、「サービスとサブスクリプション」のページで確認できます。

 

Office 2010/2013/2016/2019のサポート期限はいつ終了?-1

 

「次回の請求日」で確認できます。基本的に自動更新されるはずです。

お使いのOffice製品のバージョンは確認できたでしょうか。特に延長サポートの期限に注意してください。

 

Office 2019を安く入手する方法

Office 2019の詳細な紹介については、次の記事を参照してください。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/takadacorp-store/

Access 2016 1/2PC ダウンロード版

 

Project 2019 ダウンロード版

 

office 2019 ダウンロード版

 

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Access 2016/ access 2019 (アクセス)価格 購入方法

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

 

 

この記事では、Accessの購入方法と価格に関する情報を提供します。

Accessを勉強するには、Accessソフトを購入する必要があります。 Accessを購入するには、WordやExcelを含むOfficeスイートなど、多くの種類があります。

そのため、購入する前にそれらの内容を理解したほうがいいです。 安価な購入方法もあります。 Accessの最新バージョンは「Access2019」です。

 

Access(アクセス)価格 購入方法-1

Accessの単体製品については、Accessを使用したいユーザーは「Access2019」を購入することをお勧めします。

office 2019 ダウンロード版

 

Yahooショッピングで「Access2013」と「Access2016」の価格を確認しましたが、同じです。 Accessの最新バージョンはAccess2019です。Access2019には多くの新機能がありますが、非常に高価です。

Access2016の価格はAccess2013と同じですが、より多くの機能があり、Access2019よりも安価です。 したがって、Access2016を購入することをお勧めします。

Ofice スイートを購入する

「Access」を購入する際、WordやExcelなどを含むOffice製品を購入する方が安くなります。 たとえば、Officeの最新バージョンであるOffice 2019でと一緒に購入します。

「Offce2019」には次の2つの種類があります。 Office Premium 新しいパソコンにOfficeがプレインストールされています。 Office 2019(パッケージ版) 以前のパッケージ製品と同様に、買い切り版です。

  • Office Premium

Office Premiumは新しいパソコンにプリインストールされています。 Word、Excel、Powerpoint、Accessなどは、インストールされたPCでのみ永続的に使用できます。

以下の製品があります。

製品の種類 内容
(1)Office Personal Premium ・使用年数/使用台数:永続/1台(搭載PCのみ)です。 ・常に最新バージョンにアップグレードできるそうです。 ・Office365のサービスは1年だけ無料で使用できるそうです。 ・Word、Excel、Outlookです。 Accessはありません。 Word、Excel、Outlookは永続で使用できます。
(2)Office Home & Business Premium ・使用年数/使用台数:永続/1台(搭載PCのみ)です。 ・常に最新バージョンにアップグレードできるそうです。 ・Office365のサービスは1年だけ無料で使用できるそうです。 ・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteです。 Accessはありません。 Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteは永続で使用できます。
(3)Office Professional Premium ・使用年数/使用台数:永続/1台(搭載PCのみ)です。 ・常に最新バージョンにアップグレードできるそうです。 ・Office365のサービスは1年だけ無料で使用できるそうです。 ・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。 Accessがあります。 Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessは永続で使用できます。
  • Office 2019(パッケージ版)

Office 2019には、次の3つの種類とアカデミック版があります。

Officeの種類 内容
(1)Office 2019 Personal Word、Excel、Outlookです。 Accessはありません。
(2)Office 2019 Home and Bisiness Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteです。 アクセスはありません。
(3)Office 2019 Professional Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。 Accessがあります。
(4)Office 2019 Academic Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。 Accessがあります。 教師、学生用です。

重要:Office 2019をご購入される際には、現在お持ちの PC がシステム要件を満たしているか事前にご確認ください。

OS(オペレーティング システム) Windows 10
CPU 1.6 GHz、2 コア
メモリ 4 GB (64 ビット)、2 GB (32 ビット)
ハードディスク 4 GB の空きディスク領域
画面解像度 1280 x 768 の画面解像度
その他 ・ Microsoft アカウント ・ インターネット アクセス(インターネット サービス プロバイダーとの契約や接続に関する料金及び通信費用はお客様の負担になります) ・ 一部の機能には追加ハードウェアまたは特定のハードウェア、あるいはサービスが必要な場合があります

上記の2つの方法に加えて、Officeを購入する新しい方法があります。Office365にサブスクライブするです。

Office 365 Soloを購買する

「Office 365 Solo」は、毎月または毎年料金を支払ってOffice製品を使用するサービスです。 これは、Office製品を毎月支払い、使用できることを意味します。

次の機能があります。

  • Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。 Accessがあります。
  • いつでも開始および停止できます。
  • 「月別」の支払いです。
  • ライセンスは次のとおりです。
  • インストールできる台数は無制限です。 同時に使用できる台数は5台です。
  • 「1 TB」のOneDriveが利用可能です。
  • Skype、60分間無料。
  • Officeのテクニカルサポートがあります。

などです。

まとめ

簡単に言えば、Accessを購入するには3つの方法があります。

Accessの単体製品を購入します。

Officeスイートを購入します。

Office 365 soloに契約します。

どちらを選びますかは、自分のニーズによって異なります。

 

office 2019 ダウンロード版

 

動作環境
ソフト名: Access 2019 日本語版 (ダウンロード)
動作OS: Windows 10
機種: IBM-PC
種類: 製品:試用不可:複数価格あり
作者: 日本マイクロソフト(株)
/Windows 10 ※32または64ビット版
○CPU:SSE2 対応の1GHz プロセッサ
○メモリ:2GB RAM
○ハードディスク:3 GBの空きディスク領域
○ディスプレイ:1280 x 800 以上の画面解像度
○その他:一部の機能には追加ハードウェアまたは特定のハードウェア、あるいはサービスが必要な場合があります。
Microsoft アカウント・インターネットアクセスが必要です。

 

Project 2019 ダウンロード版

 

 

 

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Office2019とOffice365の違いを完全に説明! 何に注意すべきか?

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

Office2019とOffice365の違いを紹介します。

 

Office 2019のリリース後、多くの人はOffice 2019へのアップグレードやOffice 365のサブスクリプションに迷っています。

 

ここにはいくつかの注意事項があります。

Office2019とOffice365の違いを完全に説明! 何に注意すべきか?-1

Office2019とは何ですか?

Office2019は、過去3年間でOffice2016の最新バージョンになり、9月24日に正式にリリースされました(企業向け)!

 

Office 2019はWindowsバージョンのWindows 10のみをサポートし、Windows 7およびWindows 8はサポートしません。 Macは最新の3つのバージョンです。

 

Office 2019のサポート期間は、固定ライフサイクル戦略の例外と見なされます。5年間のメインストリームサポートに続いて、わずか2年間の延長サポートが行われます。

 

Office 2019は、従来のMSIインストーラーを提供しません。Office 365で一般的に使われているClick-to-Run形式のインストーラーのみとなります。

 

Office2019とOffice365の違い

 

以下は、Office2019とOffice365 Soloの違いをまとめたものです。

 

一度限りおよび毎月の支払い

Office2019は永続ライセンスであり、一度購入すれば永続に使用できます。 Office365 Soloは、月単位または年単位で契約できるサブスクリプションです。 契約期間の料金を支払えばいい。

 

Office 2019は2台にインストールでき、Office 365は無制限にインストールできます。 Office2019とOffice365の間のインストール台数も異なります。 Office 2019は最大2台のPCにインストールできますが、Office 365 Soloは無制限にインストールできます。

 

以前は、Office 365 Soloは2台のPCにしかインストールできませんでしたが、Office 365個人プランは「無制限のインストール、最大5つの同時インストール」として統合されます ログインに使用できるデバイス。 」

 

Officeアプリの違い

Office 2019は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher、Project、Visioの8種類のOfficeアプリを提供します。 「Publisher」、「Project」、「Visio」はWindowsにのみ含まれています。

 

Office 2019では、「OneNote 2019」は提供されないため、Windows環境では、Windows 10(Store App)バージョンのOneNoteまたは古いバージョンの「OneNote 2016」を使用する必要があります。

 

Office 365 Soloは、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher、OneNoteを含むすべてのOfficeアプリにアクセスできます。

 

常に最新の機能と同じ

Office 2019で使用される機能は修正されており、新しい機能は追加されていません。 一方、Office365は常に最新の機能を追加し、契約期間のユーザーはこれらの新機能を無料で使用できます。

 

価格による違い

価格

Office 365 Solo

Office Professional 2019予想価格

Office Home & Business 2019予想価格

Office Personal 2019予想価格

1年

12,744円

67,491円

39,276円

33,633円

2年

25,488円

67,491円

39,276円

33,633円

3年

38,232円

67,491円

39,276円

33,633円

4年

50,976円

67,491円

39,276円

33,633円

5年

63,720円

67,491円

39,276円

33,633円

 

Office2019とOffice365の違いから何に注意すべきか?

Office 2019は、Microsoft Officeの最新バージョンであり、Office 2016のさまざまな機能強化が自然に行われています。 ただし、それらの機能はOffice 365に実装されていることに注意してください。

 

前述したように、永続にライセンスされるOffice 2019とは異なり、Office 365には常に機能を追加できるという利点があります。 その結果、Office 2019に実装されているほとんどの新機能は、Office 365に既に実装されています。

 

ただし、上記の価格表からわかるように、Office 365 Soloの3年目の契約料金は、Office Personal 2019の価格よりも高くなります。 Office 365 Soloを3年間契約する料金で、永続ライセンス型のOffice Personal 2019を購入して永遠に使えます。 価格の面では、Office 2019はOffice 365よりもお得に感じます。

 

常に最新機能を使いたいなら、Office 365、 価格面を重視し、Office 2019の機能で十分だと思うなら、Office 2019に移行した方がいいでしょう。

 

 

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
office 2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版